あの子は牛乳ぷりんせす。

永遠に17歳でもいいじゃん

【ライター】自分なりのネタの出し方を見つけること

f:id:milkprincesss717:20180705094211j:image

こんにちは!ゆぴです。

 

 

先日ライターになってはじめて書いた記事が公開されました。

 

 

 

 

それを経て、ネタ出しについて思うことがあったので書き記しておこうと思います。

 

自分の考えは、自分だけのものだと思っていた

新R25にジョインした初日、スキルも皆無だったわたしにできることは、ネタを出すことしかない!!と思い、荒削りでネタを出しました。その中のひとつが時間のネタです。

 

しかも、当初は

 

 

『17歳でいるためにリアル17歳並みに体感時間をゆっくりにしたい』

 

 

という割と私利私欲にまみれたものでした。

 

『時間』というのは、私が生きるうえで切っても切り離せない人生のメインテーマでありました。

 

これについては17歳の記事にも書きましたが、

 

 

『時間をどうにかしたい』

 

 

というのは中学生の時に日本にいる友達との時差を感じてからずっと感じていたこと。

 

これ以上、無残にも時がすぎてしまえば、わたしはもっともっとみんなに追いつけなくなってしまう!という恐怖に怯え、いくつもそういった詩や小説を生み出してはブログに投稿していました。

 

時間よ止まれ、と頭の中で何度も時計を破壊しました。

 

(厨二当時の発言をそのまんま引用しておりますが故、厨二スメルがキツいことをお詫び申し上げます)

 

なので、時間というのは自分にとって少し特別なテーマ。

 

でも、ずっと抱え込んできたからこそ、ネタとして出して良いものか結構悩みました。

 

 

自分が、面白いんじゃないか、と思うことが、みんなの面白いことになるという確信が持てなかったのです。

 

 

それが、初めてのネタ出し会議で編集部のみんなや編集長に『いいね』と受け入れてもらえました。

 

それが、自分の中のネタ出しの概念がガチッと変わった瞬間でした。

 

わたし自身も

 

 

『っていうか永遠の17歳でいたい人なんてそんなにいないし、もっとみんなの身近なネタに昇華させるためにはどうすればいいんだろう?』

 

 

と考えに考えた結果、増えて嬉しいのはやっぱり楽しい週末なんじゃないか!?と思い、取材の流れを練りました。

 

そういういきさつがあるのです。

 

自分が得意なネタの出し方

 

ネタの出し方は色々ありますが、ざっくりこんな感じかなぁ、と思います

 

 

・ヒットを狙って出す

・流行から持ってきて出す

・興味のある人物から出す

・自分の内部から出す

 

 

もちろん、ヒットを狙えて出せるに越したことはないのですが、これにはきっと得手不得手があって、自分の得意じゃないやり方で出そうとすると笑っちゃうくらい出てこないか薄っぺらい内容になります。

 

 

なので、『ネタの出し方』みたいな方法論は参考にはなっても、正しいかはわからないなぁ、というのが今回の学びです。

 

 

先輩の真似事をして流行りの人に乗っかってみたものの、大して興味を抱いていないことを見透かされたのです…(笑)

 

出さないことには始まらない

17歳でいようと決めてから、決意とは裏腹に刻々と進んでいく時間。

 

それを、こういった形で謎を解き明かすことができ、たとえ時間を止めることは難しくとも、遅く進めることは本当に可能だったんだ!というひとつの解に辿り着けたこと。

 

これは、中学生の私に伝えてあげたいくらいとても嬉しいことでした。

 

 

そして、もっと嬉しかったのが、自分だけが抱いていた悩みが、意外とみんなの悩みでもあったこと。

 

 

だから、どんなに小さな悩みや気付きでも、怖がらずにアウトプットしてみることが大事なんだなぁ…って

 

 

なんだかすごく当たり前なこと言ってるな?(笑)

 

 

まぁそれでも心のどっかで抱えてウジウジしちゃったりするんですよ!

特に自信のない人は!

 

 

もちろん否定されたりボツになったら悲しいけれど、ブラッシュアップしたら通ることもあるし、人の考えや気持ちは変わりゆくものなので諦めずに小出しにしていくと良いと思います。

 

 

結論、荒削りでも良いから出す!

とにかく怖がらずに出す!

自分の思いを必死に伝える!

 

 

思いの入ったネタは誰かの心に響くはずなので。

 

 

おしまい