読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【日記】夜のピクニック

日記

IMG_5286

先輩と飲んで、色々ぶっちゃけて仲良くなって、はあ〜有意義な飲み会だったな、と思って満員電車に乗り込み、しばらくして座席が空いて座ったのが最後の記憶、気付いたらしっかり寝過ごして最寄りから2つ隣の駅でした、ゆぴです。

諦めてタクシーに乗ろうとしたら、そこそこ田舎なのに長蛇の列。5杯くらい飲んじゃったし、ダイエットがてら歩くか〜って1時間のウォーキングを決意して今に至ります。

イヤホン突っ込んで、人っ子ひとりいない道をてくてく歩いていると、色々考えることがあります。

まず、見慣れた道を歩きながら、自分が小学生の時に通っていたバレエ教室を通りすぎながら、自分はこの先どんなに遠いところに行ったとしても、最後の最後にはここに帰ってくるんだろうなってこと。

非日常体験を求めて皆旅行をするけれど、それって結局日本の良さを実感する旅でもあると思うんです。

それと同じで、住んでいれば、やだなー、こんな田舎。とか思うような自分の田舎でも、離れていれば恋しくなったり、何もないけど、やっぱり、地元が一番だな、って思ったりするんだろうなって。

IMG_5279

次に思うのが、月日は確実に過ぎてるんだなあ、と改めて実感したことです。

昨日、妹が17歳になり、自分と同い年になりました。その時に返ってきた辛辣なLINEがこちらになります。

そろそろ17歳って言うの、キツいでしょ?と言われることもあります。でも、あんまりキツいとかよくわかんないです。例えば、自分に名前はあるけれど、それは他の人と差別化する記号でしかなくて、なんかそれと同じように、『17歳』という言葉そのものにあんまり意味はないんです。それを言い続けることによって、自分と周りの脳みそを騙していってる感じ。それで、気持ち的に若くいられて、周りにも特に害もないなら良いんじゃない?っていう。人生をかけたプロジェクトって感じですね。

…とは言え、最近若干の記憶力の衰えを感じます(笑)読んだ本の内容を忘れちゃったりとか!!歌詞を覚えられなかったりとか!!これは割とショックなやつです。マミーに、『歳取ったら本当に記憶力悪くなるから!』と散々脅されてきたけれど、鼻ホジ半分で聞いていました。もっと先のことだろうと思っていたから!!で、それを受けて、今のうちにがっつり読書しなきゃなって思いました。

http://kiokublog.com/dokusyo.html

年間500冊はさすがにアレだけど、とりあえず毎日何かしらの本は開くようにしています。

IMG_5287

色々積読してるけど。読むだけで終わり!じゃなくて、読んだ後要点まとめてアウトプットして初めて記憶になるそうな。んー、わかってはいるけれど溜めがち。そして忘れてゆく。あ。これか。これがダメなのか…。

最近は小説と言うよりは実用書にハマっています。『怒らない技術』とか。『雑談力』とか。それで、読み終わった後に先輩とかに聞いてみると、皆本に書いてあることそのまんまを言うの。それで、ああ、出来る人って、こういうの読まなくてもちゃんとセオリーをわかっていて、自然に実行出来ているんだな〜!って尊敬の意を抱く。ちょろい私。

うーんでもやっぱり本が好きだなあって思いました。今日も『重版出来!』の影響からか、自然と本の並びとか意識して見ちゃって、大崎の文教堂は入ってすぐに、『出来る子の家のリビングには図鑑と辞書と地図がある』『赤ちゃんがぐっすり眠るCD』みたいな主婦向けの本の隣にビジネス英会話の本が置いてあったりして、ここの客層は若い夫婦が中心なのかな〜とか思ったり。面白い。

今日たまたま会った友達に、良い図書館に行きたいんだよね、ってこぼしたら、来週行くことになりました。やっぱり、願望は口に出すと叶ったりするんだね。

最後は、夢の話。
今日は先輩と、夢の話をしていて。
『私、漫画家になって、自分の漫画がアニメ化したらその主題歌を歌って、アニメにも声優として声を当てて、ノベライズ版の小説も書くのが夢だったんですよー』と話したら、『今、その夢はどのくらい叶ってるの?』と言われて、さぁー?ってなった。
なんか、はっきりした目標がないまま、毎日を消耗している感じがすごい。もちろん、人並みに幸せになりたいなーとは思うけど、なんか、これだけ文書書いていて、考えるのが好きで、絵を描くのも好きで、歌うのも好きで、どう考えても創作人間なのに、今まっったく関係ない営業職に就いていて。それはそれで楽しいんだけど、時々ふと、これで良かったのかな?と思ったりする。

ねー。夢と現実に折り合いをつけるって難しいことね。でも、奈々様のライブに行った時に言っていた、『人生は一度きり!』って言葉が忘れられない。安定した生活と夢のある生活、どっちも手に入れられたらいいのにな。

ほろ酔いで書いていたら本当にただの日記になっちゃった。明日からも生きていかにゃ。

夜のピクニックおわり。