あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【わたし】人見知りを言い訳にするのをやめたい

IMG_4640

3月に5㎏太ったのでご飯減らしてダイエットしてたらぷっつん切れて夜ご飯前にポテチ1袋完食してしまいすごい落ち込んでいますゆぴです。

そんなことを言いつつ、今日は真面目な話題です(笑)

人見知り、とか人とコミュニケーションを取るのが苦手、と言うと、嘘でしょ!!と言われることが多いんですけど、信じなくても良いですが、元々人間相手よりも、読書や絵画など1人で楽しむ趣味が多く、物静かな性格なので、本当に環境や相手によっては全く喋れなかったりします。

小学校時代、英会話教室ではバカなことやって笑ってるのに、バレエ教室では無言を貫いていたり、学校では普通なのに、塾では1人も友達がいなかったり。

アメリカの時も、自分から声をかけられないもんだから、しばらく1人でご飯食べていたし、本当に仲良いのは2、3人で、直帰して絵を描いたり本を読んだりパソコンしたり、と地味に生きてました。

他にも、集団でいる時は話せるのに、2人になった瞬間緊張しちゃって、目を逸らしたり、話を早く切り上げてトイレに逃げたり。

なんだろう?何故だかはわからないけど、自分が話したら、大して面白い話も出来ないし、嫌われちゃうんじゃないか?って思っちゃうんですよね。これ人見知りの共通認識だと勝手に思っているんですけど(笑)

だから、話し続けなきゃいけない飲み会とか本当に地獄でした。沈黙を、ごはんを食べて埋めるような。今は、アルコール入れば話せることがわかったから大好きなんだけどね!!お酒しゅごい!(笑)

そんな私が、せめて表面上だけでも変わらなきゃなあ、と思ったのが高校〜大学くらい。

やっぱ、人見知りなりに、人見知りに思われたくないな、って気持ちがあったから、自分なりに上手く取り繕って、頑張って話しかけてました。結果的に、サークル引退の時に色紙に『天真爛漫に誰にでも話しかけているところが良かった!』的なことを書いてもらえたので、私の『人見知りをひた隠しにする作戦』は功を成していたと言えましょう(笑)あーそれそれ、そういう人間になりたかったんだよ!!そう見えてたかーよかったーー!!って(笑)

それで、そんなファッションコミュ力人間な私は現在、仕事で営業をやっています。

なんで、営業なの????

と言われれば、大学時代初めてのバイトでカフェやって、そこでも人見知りを発揮し、デスクワークに逃げて3年経ち、このままじゃ本当に対人恐怖症になるな?と思ったのと、演技とかではなく、物怖じせずに人と話せたら人生楽しいだろうなあ!と思ったからです(笑)本来なら、ぜっったい向いてないし、黙々と1人でパソコン向かうのが得意なんだけど、じゃあ逆にそこは伸ばさなくても良くない?と思って。

それで、1年間営業やって。 はじめは『知らない人と会話をする』ことがストレスフルで、地獄のような日々を送っていたんですけど、相手が心を開いてくれると嬉しかったり、仲良いお客様が出来て一緒にごはんを食べたりすることも増え、『めっちゃ楽しいな!!』とまではいかなくても、『まあ頑張れば出来なくはないな…』レベルまでには持ってこれました。

それで、思ったのが、 人見知りとか、コミュ障を言い訳にするのはやめなくちゃな、ってことです。

なんかそれってチャンスを逃してるんじゃないか?勿体無いんじゃないか?って。

もしも、積極的に話しかけられていたら、バレエ教室で友達が出来て、もっと楽しく踊れていたかもしれない。

もしも、怯えずに外国人同士の会話に参加していたら、もっと英語がうまくなっていたかもしれない。

そうやって、『もしも』で後悔するのがもう嫌で!!!

なので、もう、人見知りだから、コミュ障だから、って口に出すのはやめようと思いました。例え、人見知りでも!(笑)

17歳論じゃないけど、口に出したらより強まっちゃう気がするし。

そんなことを言いつつ、結局人に聞いたりせず、最初は指南書から入るところがまたアレなんだけどさ…。

営業を経て、ふとそんな気持ちが湧き上がって来たので書き残してみました。

新生活、人見知りの皆さん、お互いがんばりましょう。

オワル