読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【ファッション】断捨離したらパンツが3枚になった話

ファッション

IMG_1147

年末に断捨離した結果、パンツが3枚になりましたがそれでも今日まで強く生き続けて来れたのは一重に洗濯機を回しまくってくださった母上のおかげです。ありがとうマミー。そしてこんばんみゆぴです。

何故いきなり断捨離をし始めたのかと言うと、長い間気になっていた本のせいです。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

この思わず手に取りたくなっちゃうタイトル!秀逸だよね。 フランスのクローゼットは、服が10着しか入らないくらい小さいし、それが普通なのだそう。 だから、同じ服を週2で着るのも普通なのだそう。

ポイントは、 『質の良いものを大事に着る』 ことね!

確かに、10着しか服がなかったら全部お気に入りのだし、汚したくないし、丁寧に着るんだろうなって思いました。

私も服が好きなので、社会人になってからは、もう絶対プチプラ服は買わない!!!と思って、少しでも良いものを買おうとしてきました。

実際、4年前に買ったマーチンはまだ履けるし、クローゼットを見てみたら、残っているのは、学生時代でも高いな〜と思いつつ一目惚れで買ったFRAPBOISやツモリチサト、アンビデックスの高めラインでした。 やっぱり、ブランドネームや質もあるとは思うけど、「ひゃ〜高いな〜!」って感じながらレジで支払った買い物経験から大事に着て来たのが大きい気がします。

最近寒すぎてGUでニット買ったけど、1ヶ月くらいでボロッとして来たから、おしゃれでも、安さに負けて買うのはやめようと思いました。

でもさ、欲しいデザイン程安かったりするんだよね…。膝上丈のベージュのスカートが欲しかったんだけど、高いやつだとウエストゴムじゃないからかっちりしちゃうし、なんかコンサバ風になるし…。そもそもウエストゴムな時点で安価なのか。シルエットふわっと可愛くなるのにな。

IMG_1149

あ、そう。それで、結局10着に減らせたのか?って言われたら全然減らせてないです(笑)今シーズン1度も着てないな〜っていうのは処分したけど、多分まだ40着はあります。

で、ここからが本題なんだけど、服というよりは下着と靴下とパジャマが減りました(笑)

それは、 著者が中学時代の穴の空いたジャージをパジャマとして着ていたら、 「どうして穴の空いたものをわざわざ着ているの?」 とホストファミリーに突っ込まれ、恥ずかしくなって上質なパジャマを買った、 というエピソードがガツンと響いたから!!!

確かに…と思ってパジャマの引き出しを開けたら、毛玉のついたパーカーとか、大量のTシャツが入っていて、そもそも、こんなにパジャマいらなくない?と思いました。

どうせパジャマだし、誰にも見られないし、まだ着れるし、もったいないしーって思ってたけど、ジェラートピケを差し置いてあえて毛玉付きのパーカーを着る必要性なくない???となりました。こんなこと考えたこともなかったんだけど、言われてみれば、確かにな…と目からウロコでした。ちなみにジェラートピケは2年くらい着ていない(笑) こっちの方がもったいない…

それと同様に、あったかければ良いし!と履いていた毛玉タイツや、見えないから良いし!と履いていたちょっときちゃない靴下も処分。

で、問題の下着は、そもそも下着自体果たしてどのくらい着たら買い時なのかわからなくて、高校から履いていたパンツもあったので(笑)思い切って一新することにしました。

以下、下着屋での会話。

ゆ 「そもそも下着っていつが買い時なんですか?」

店 「うーん、7枚持っていることを前提とすると、大体…1年…」




い ち ね ん ! ! ? ? (5年物のパンツをゴミ箱に放り投げながら)


世の中の女子は、1年間に下着のためだけに2〜3万円投資しているということですか…?

その後、 「あ〜やっぱりそのくらいですよね〜!」 と平然を装って下着を6着買いました。

IMG_1348

結果

ボトムス: 10 トップス: 9 ワンピース: 5 カーディガン: 2 アウター: 6

アウターはカウントしないらしいので28着まで減らすことが出来ました!パチパチ〜。 とは言っても元の服の枚数を数えてないから何とも言えないんだけどね。ゴミ袋3つ分とでも言っておきましょうか…(笑)

IMG_1349 ▲大量に余ったハンガー

断捨離、意外と楽しいかも。

オワル