読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【イラスト】東京カランコロンのパンフ

IMG_1712

前回のデジタル絵から2年くらい経過しているのではないでしょうか…(笑) ひさーびさにペンタブに触りました。…というのも、Win時代に愛用していたsaiちゃんがMacに対応しておらず、かといってPhotoshopは高いし…とデジタルから遠ざかっていたのです。

でも今回はパンフをCDジャケットのパロディ風にしたかったので、トレベで転写して鉛筆で下書きしてペン入れしてベタ塗り…なんて無理!!とあえなくペンタブを手に取りました。

そこで、『Firealpaca』なるとても優秀なフリーペイントソフトを発見。Macのフリーペイントソフトってとても珍しいのです!『GIMP』くらい。アルパカちゃんの良いところは、何と言っても製造源が日本であるところ。文字化けを気にせずに使えますね。シンプルなところも使いやすい!!

…しかし、良いソフトは見つけたものの、ペンタブの設定か、はたまたドライバが古いのか、筆圧感知機能が動作せず、まるでペイントで描いているかのようなタッチに…。あとは単純にブランクがありすぎて線がガタガタ、結局完成までに3時間かかりました。デジタルの意味…(涙)

何はともあれ良いソフトを見つけたのでこれからは気軽にデジタル描いてゆきたいですね。

…というか、そもそも何のパンフかというと、今週の金曜日にあるライブで『東京カランコロン』のコピーをする!というやつです。ピアノ歴3年(小3〜小6)の私が4年前に買って挫折したキーボードを引っ張り出してきて歌いながら弾きます。鍵盤ガン見必至。家にキーボードもギターもベースもあるのに楽譜も読めず、音楽センス皆無な私が紙にカタカナで

『ドミソ』『レ(黒)』←黒鍵と言いたい←♯とか書けない

…とメモしながら、手当たり次第鍵盤押しながら曲の単純さに対し相当な時間をかけて耳コピをしました。(それでも微妙に違ったりしていたんだけど…)

つまり何が言いたいかと言うと、今回改めて楽器に触って、バンドマンを尊敬しました。更に歌いながら弾いている人も!!今まで普通にコーラスやってよとか頼んでごめんだよ。これは無理だ!!(笑)

まぁ私がやる曲のキーボードはコード鳴らしている程度の相当簡単なやつなんですけど、それでもこの大変さなんだから、難解なフレーズを弾いている人たちは本当にすごい。

ちなみにキーボード以外のパートはぜーんぶ難解だよ☆

本当、メンバーには頭あがりませんです…。 (意見をするのが申し訳ないくらい。まぁするけどね!!笑)

そんなわけで歌うことと弾くことで本当にいっぱいいっぱいで全体の音が聴けなかったり、歌詞がすっ飛んだり、そもそも歌をうたえなかったり、いつも当たり前のようにやっていたことが全然できなくてパニック状態ですが、残りのスタジオ頑張ります…。

あと3日!そして練習時間は6時間!

がんばるぞお