あの子は牛乳ぷりんせす。

永遠に17歳でもいいじゃん

【ライター】自分なりのネタの出し方を見つけること

f:id:milkprincesss717:20180705094211j:image

こんにちは!ゆぴです。

 

 

先日ライターになってはじめて書いた記事が公開されました。

 

 

 

 

それを経て、ネタ出しについて思うことがあったので書き記しておこうと思います。

 

自分の考えは、自分だけのものだと思っていた

新R25にジョインした初日、スキルも皆無だったわたしにできることは、ネタを出すことしかない!!と思い、荒削りでネタを出しました。その中のひとつが時間のネタです。

 

しかも、当初は

 

 

『17歳でいるためにリアル17歳並みに体感時間をゆっくりにしたい』

 

 

という割と私利私欲にまみれたものでした。

 

『時間』というのは、私が生きるうえで切っても切り離せない人生のメインテーマでありました。

 

これについては17歳の記事にも書きましたが、

 

 

『時間をどうにかしたい』

 

 

というのは中学生の時に日本にいる友達との時差を感じてからずっと感じていたこと。

 

これ以上、無残にも時がすぎてしまえば、わたしはもっともっとみんなに追いつけなくなってしまう!という恐怖に怯え、いくつもそういった詩や小説を生み出してはブログに投稿していました。

 

時間よ止まれ、と頭の中で何度も時計を破壊しました。

 

(厨二当時の発言をそのまんま引用しておりますが故、厨二スメルがキツいことをお詫び申し上げます)

 

なので、時間というのは自分にとって少し特別なテーマ。

 

でも、ずっと抱え込んできたからこそ、ネタとして出して良いものか結構悩みました。

 

 

自分が、面白いんじゃないか、と思うことが、みんなの面白いことになるという確信が持てなかったのです。

 

 

それが、初めてのネタ出し会議で編集部のみんなや編集長に『いいね』と受け入れてもらえました。

 

それが、自分の中のネタ出しの概念がガチッと変わった瞬間でした。

 

わたし自身も

 

 

『っていうか永遠の17歳でいたい人なんてそんなにいないし、もっとみんなの身近なネタに昇華させるためにはどうすればいいんだろう?』

 

 

と考えに考えた結果、増えて嬉しいのはやっぱり楽しい週末なんじゃないか!?と思い、取材の流れを練りました。

 

そういういきさつがあるのです。

 

自分が得意なネタの出し方

 

ネタの出し方は色々ありますが、ざっくりこんな感じかなぁ、と思います

 

 

・ヒットを狙って出す

・流行から持ってきて出す

・興味のある人物から出す

・自分の内部から出す

 

 

もちろん、ヒットを狙えて出せるに越したことはないのですが、これにはきっと得手不得手があって、自分の得意じゃないやり方で出そうとすると笑っちゃうくらい出てこないか薄っぺらい内容になります。

 

 

なので、『ネタの出し方』みたいな方法論は参考にはなっても、正しいかはわからないなぁ、というのが今回の学びです。

 

 

先輩の真似事をして流行りの人に乗っかってみたものの、大して興味を抱いていないことを見透かされたのです…(笑)

 

出さないことには始まらない

17歳でいようと決めてから、決意とは裏腹に刻々と進んでいく時間。

 

それを、こういった形で謎を解き明かすことができ、たとえ時間を止めることは難しくとも、遅く進めることは本当に可能だったんだ!というひとつの解に辿り着けたこと。

 

これは、中学生の私に伝えてあげたいくらいとても嬉しいことでした。

 

 

そして、もっと嬉しかったのが、自分だけが抱いていた悩みが、意外とみんなの悩みでもあったこと。

 

 

だから、どんなに小さな悩みや気付きでも、怖がらずにアウトプットしてみることが大事なんだなぁ…って

 

 

なんだかすごく当たり前なこと言ってるな?(笑)

 

 

まぁそれでも心のどっかで抱えてウジウジしちゃったりするんですよ!

特に自信のない人は!

 

 

もちろん否定されたりボツになったら悲しいけれど、ブラッシュアップしたら通ることもあるし、人の考えや気持ちは変わりゆくものなので諦めずに小出しにしていくと良いと思います。

 

 

結論、荒削りでも良いから出す!

とにかく怖がらずに出す!

自分の思いを必死に伝える!

 

 

思いの入ったネタは誰かの心に響くはずなので。

 

 

おしまい

【生き方】『察して』はクソおこがましい欲求である

f:id:milkprincesss717:20180711075115j:image

 

大丈夫?と聞かれると思わず『大丈夫!』と言ってしまいませんか?

 


ひとりでいるときは滅入っていても、誰かに会うと明るく振舞えてしまえたり、本当は根暗な癖に全然表面上は明るく見えたり。

 

 

そんな、演技力に定評がある人は結構いるんじゃないなぁと思います。


そして私もそういうタイプです。

 


でも、それってなんのためにやっているの?

 


今回はそんな『良かれ』と思ってやってきたことが実はクソかもしれないというお話です。

続きを読む

【17歳】ディスってもいいよ。いしかわゆきが永遠の17歳でいる理由

f:id:milkprincesss717:20180622014620p:plain

いしかわゆき、17歳です。

 


この言葉をはじめて言ったときからどのくらいの年月が経ったのかわかりません。そのくらい、私は長い間17歳をやっているし、これからもやっていく所存です。

 

『若く見られたいからでしょ?』


というのが1番よく言われてきた言葉だと思います。歳を重ねる度に年齢が答えづらくなっていくのをごまかしているのだと。

 

 

違います。

 

 

完全否定はしないけど、たったそれだけの理由のために私は泣き喚きながら既に刺されてしまった誕生日ケーキの蝋燭をひっこ抜いて数合わせをしたりしないし、職場の先輩から『自分の年齢を認めることは素敵なことやで…』(まあそれが普通なんだろうけど)と諭されるのを申し訳ない気持ちで聞いたりしないし、初対面の人に自己紹介する度に痛々しい視線を向けられるのをじっと耐えたりしない。

 

ぶっちゃけ、このリアリストの多い世の中、しかも協調性を求め、出る杭を打ちまくる日本で『17歳』と高らかに宣言をするのはリスキーでしかないんです

こんなことを言うのもアレだけど、正直マトモじゃないとすら思われているはずです。この発言たったひとつだけで、『変な人』レッテルもよく貼られます。

 

 

じゃあ、どうしてそんなリスクを抱えながらも17歳をやっているのか。

 

 

そもそも永遠の17歳は、声優の大御所・井上喜久子さんが、当時16歳だった新人声優・山本麻里安さんの、
『山本麻里安、16歳です!』
という自己紹介を真似し、山本麻里安さんが17歳になった折から
『井上喜久子、17歳です!』(オイオイ!)

とやり始めたのが私の知る限りは原点だと思います。


そして、喜久子さんが定めた17歳教には、実年齢が17歳と156ヶ月を越えないと入れない、などの厳密なルールがあったりもする。

 

でも、それと私の17歳は根本的に少し違って、

私はもっとずっと前、17歳になる前から、

 

 

『17歳になったら、17歳で時を止めよう』

 

 

と決めていました。

 

それは、私が13歳のとき、
声優の田村ゆかりさんに出会ったことから始まります。

どっぷり自分語りをしますが、最後に1番伝えたいことがあるので良かったら聞いていってください。【6000字】あるのでお時間のある時にどうぞ!(笑)

  

続きを読む

【真面目】天才じゃない自分を許してあげること

f:id:milkprincesss717:20180326142723p:plain

突然何を言い出すんだ、という話ですが、何を隠そう私は

自分のことをずっと天才だと思っていました。(大真面目)

自分でも不思議なのですが、常に根拠のない自信がありました。

アホらしいと思わずに聞いてください。

だって思い返してみてほしい。

勘違いしていた時期、一度はありませんでしたか?

 

何にでもなれると思っていた幼少期

昔から器用で何をやらせても大体うまくいくような人間でした。

 

一生懸命に勉強をしなくても成績は良かったし、運動神経も悪くない。

文章を書けば何かしらに入選し、走ればリレーの選手になる。

バレエもピアノも習字も、はじめてすぐに出来るようになる。

どれかが特に秀でているという訳でもないけれど、「ふつう」よりは一歩上をいける。

 

何をやっても大して苦労せずに上手にこなせてしまう、そんな子供だったので、

 

「私はふつうじゃないのかもしれない。」

 

という謎の自尊心が芽生えはじめました。

これ、幼少期〜小学生くらいならまだ「あるある」な気がします。

しかし、私の思い込みはまだまだ終わりません。

ポジティブすぎるが故の思い込み

私が13歳の時、親の都合で渡米することになりました。

田舎というせま〜いコミュニティから抜け出すと、そこには

天才が山ほど転がっていました。

自分よりも優れている同年代はたくさんいる。大抵の場合はここで自分が凡人であることに気付くはずですが、何故か私はそれでも自分は天才だと思っていました。

13歳で、たったひとりでアメリカの現地校で意味のわからない英語の授業を英語で受けている私すげぇ!!!

...などと思っていました。ここまで来れば天才というよりは

ハイパーポジティブ人間に近いです。おめでたさ...。

 

誰とも比べられることのない優しい世界

14歳の時、ブログを開設して発信することをはじめました。

その頃の私はとにかく「生み出すこと」に夢中で、

イラストやポエム、小説、写真、歌などをブログで発信していました。

その頃のネットの世界は閉鎖的で、とても優しかった。

ユーザーも大人の方が多かったので、まだ若かかりし私のアウトプットをベタベタに褒めて来れました。

今思えば

「ゆぴちゃんイラスト描いたの?上手だねぇ〜〜!」

という孫を可愛がるような感覚だったのだと思います。優しい。

 

一方でリアルの世界も優しかった。

アメリカの学校は、日本の学校のように何でもかんでも順位をつけて晒すこともなく、それぞれが得意なことをのびのびと頑張ればそれで良かったのです。優しい。

 

そんな優しい環境でむくむくと自尊心を膨らませながら17歳まで育ちました。

その後、希望通りの大学に合格し、自尊心MAX状態で日本に帰国することになります。

 

夢を叶えられなかった自分を認められない

私には『声優になる』という13歳の頃から抱き続けていた大きな夢がありました。

だから、日本に帰国した私が真っ先にやったのは「オーディション」を受けること。

そして、全国から1500人以上が受けた大きなオーディションで合格しました。

相変わらず自分のことを天才だと思っていたので、最高にクソなことを言いますが、

「受かって当然」だと思いました。

(ク、クソすぎるー…!)

 

音読は小学生の頃から自慢の特技だったし、歌も得意だし、中高時代毎日のように漫画をひたすら音読していたし、という裏付けもあり、当然の結果だと思いました。(口をつぐめ)

 

しかし、結果は準グランプリ。グランプリの人たちと受けた1年間のレッスンの中で、私の心はだんだんと疲弊していきました。

グランプリの人たちと比べられ続ける毎日。生まれて初めて覚えた劣等感。

そう、大抵の人であれば中学時代に覚える「劣等感」というものを、

私は18歳になって初めて覚えたのです。幸せすぎる人生だ...。

勉強も運動も、確かに上には上がいましたが、それに関しては何とも思っていませんでした。それが自分の極めたいものではないことを、自分で理解していたからです。

でも、この夢に関しては殊更自信があったし、何より本気でした。

だから、認められなきゃ嫌でした。

今思えば準グランプリだって充分すごいことなのに、当時の自分はそれを受け入れてレッスンに臨むことが出来ませんでした。

「レッスンを頑張ってたくさん練習してグランプリを超えるぞ!!」

という謙虚で真摯なマインドに切り替えられませんでした。

「出来ないこと」を認めたくない。

たったそれだけのちっぽけなプライドの為に私は逃げました。

批判されることもなく、劣等感を抱くこともない。

自分が1番になれる、優しい場所を探しました。

 

それだけで夢を諦めるの!?と思うかもしれませんが、

自尊心をボッキリ折られてから7年経った今、やっと吐き出せるようになったくらい、

私にとってはショックな出来事でした。

今考えると本当にアホらしいのは重々承知です。

でも、そんなアホすぎる自分の失態を今こうしてわざわざ晒そうと思ったのには理由があります。

「天才」じゃない自分を許してあげてほしい

「天才」という思い込みは、無駄な思い込みかもしれません。

私みたいに、自尊心ばかりが膨らんで、現状を直視出来ずに崩れてしまう時が来るかもしれません。

だから、私の出した結論はこうです。

 

天才だと思わないでほしい。でも、平凡だとも思わないでほしい。

 

上には上がいるから、1番になれないから、と諦めるのでなくて、

自分は「いつか天才になってやる」と思って生きた方が人生幸せでしょ。

 

つまるところ

私の経験を反面教師にしてほしい

だけです。

現在、これを書きながら当時を思い出してとてもしんどい気持ちになっていますが、

それでもこれだけは伝えたかった。

 

あなたは天才じゃないかもしれないけど、努力すればそこそこいいところまで行けると思うから諦めないで頑張ってよ。

 

当時の私にも言ってやりたい言葉でした。

 

おしまい

 

P.S. 最近新しい夢を見つけたので今度は迷わずに走り出しました。

【手帳】1日1ページを『頑張って書くこと』をやめました。

f:id:milkprincesss717:20180129213802j:image

こんばんみ、ゆぴです。

3年ぶりに1日1ページ手帳を買いました。

しかも何故か1月を半ばも過ぎた頃に。(遅い)

学生時代はほぼ日ユーザーでしたが、今回はEDiTの1日1ページにしてみました。

しかし、学生時代もそうだったのだけど、12月までちゃんと書けた試しがない。

続きを読む

【自立】過保護から逃げろ!厳しすぎる親を持つお嬢様こそ1人暮らしをするべき。

f:id:milkprincesss717:20180111130658j:image

自分で言うのもどうかと思いますがお嬢でした。贅沢をしていたという意味ではなく、一般家庭にしてはものすごく親が厳しかった。

今回は、そんな『過保護のカホコ』ばりの過保護を受けていた私が、同じく過保護な親元で暮らすあなたへ『さっさと1人暮らしをしろ』エールを込めて送ります。

さっさと過保護から逃げろ。

続きを読む

【勉強なし】ブログを10年書いてスキルを10個身につけた話

f:id:milkprincesss717:20180110141515p:plain

なんだかんだ14歳の頃から10年間、ずっとブログをやっています。

中学生、高校生、大学生、ときて社会人になった今でも2つのブログを運営しながら毎日を過ごしています。

はじめたきっかけはとても厨二らしく、毎日の出来事を書き記しておくことで、いつか見返した時にこのしんどい日々を良い思い出に昇華出来ればいいなと思ったからです。

(実際は黒歴史となってネットの海に彷徨っているなう)

 

そんなブロガー10年選手の私ですが、どんなSNSが登場しても、やっぱりブログが1番だな!とよく思います。…というのも、ブログを書くことには思わぬ産物があるからなのです。
特に勉強をしていなくても、何故かスキルが身についている。

どこで勉強したの?という問いに、

「いや、別に...」とかっこよく答えることが出来る。

 

そんなブログで得られるスキルを紹介します。

 

続きを読む

【漫画】立川まんがぱーくはこんなところでした


ゆぴです。

今日は巷で噂の立川まんがぱーくに行ってきました!

立川駅から徒歩15分弱くらい。見た目はちょっとおしゃれな市民会館、という感じ。

ここだけ見ると本当にぱーく。ちょっとした鬼ごっこに最適な空間が広がっています。

登録は不要で、ロッカーに入場料の400円を入れて靴を預けたら、いざ中へ!!

続きを読む

【食事】ダイエット中の女が筋肉食堂に行ってみた

IMG_5461

ふくらはぎにだけは筋肉があると思っていましたがヒールで2日間過ごしただけで死にそうになり、なんなの?これは飾りなの?となりましたゆぴですこんばんみ。

妹が大のAKB好きなのでうちのテレビジョンはAKBの出ている番組は全て自動録画しちゃうぞ★という大変優秀な設定になっているのですが、先日何気なく見ていた『指原カイワイズ』の藤原さくらさんの回でものすごく興味深いものが紹介されていました。

IMG_5473

『筋肉…食堂…だと…』

そう、マッチョ好きの藤原さくらさんが「番組から好きに使っていいと渡された1万円」を持って意気揚々と向かった先が筋肉食堂。しかも立地: 六本木。

そこまでミーハーじゃない(自称)私は、普段ならテレビを観ても『美味しそ〜』『楽しそ〜』で終わることもしばしばなのですが、ダイエット中なこともあり、放送されてから1週間後に足を運ぶことにしました。(ミーハー)

どうでも良いけどミーハーの語源ってなんなんだろうね。

ミーハーとは、1927年(昭和2年)に公開された松竹映画『稚児の剣法』でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)のファンのために作られた言葉である[6]。松竹は林のデビューに当たり、当時で二万円という巨費を投入してこの美貌の俳優を売り出した。林はたちまち若い女性の間で大人気となり、彼女らが好きな「つまめ」と「やし長二郎大好き人間」を揶揄してできたキャッチフレーズが「ミーハー」だった。

嘘だろウィキペディア。

語源は英語でもなく、しかもそれに代わる適切な言葉も生まれないままかれこれ90年も使われ続けているなんて…。ミーハー恐るべし…。

続きを読む