あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【大真面目】私ね、自分のこと天才だと思ってたんだ。

f:id:milkprincesss717:20180326142723p:plain

突然何を言い出すんだ、という話ですが、何を隠そう私は

自分のことをずっと天才だと思っていました。(大真面目)

自分でも不思議なのですが、常に根拠のない自信がありました。

アホらしいと思わずに聞いてください。

だって思い返してみてほしい。

勘違いしていた時期、一度はありませんでしたか?

 

何にでもなれると思っていた幼少期

昔から器用で何をやらせても大体うまくいくような人間でした。

 

一生懸命に勉強をしなくても成績は良かったし、運動神経も悪くない。

文章を書けば何かしらに入選し、走ればリレーの選手になる。

バレエもピアノも習字も、はじめてすぐに出来るようになる。

どれかが特に秀でているという訳でもないけれど、「ふつう」よりは一歩上をいける。

 

何をやっても大して苦労せずに上手にこなせてしまう、そんな子供だったので、

 

「私はふつうじゃないのかもしれない。」

 

という謎の自尊心が芽生えはじめました。

これ、幼少期〜小学生くらいならまだ「あるある」な気がします。

しかし、私の思い込みはまだまだ終わりません。

ポジティブすぎるが故の思い込み

私が13歳の時、親の都合で渡米することになりました。

田舎というせま〜いコミュニティから抜け出すと、そこには

天才が山ほど転がっていました。

自分よりも優れている同年代はたくさんいる。大抵の場合はここで自分が凡人であることに気付くはずですが、何故か私はそれでも自分は天才だと思っていました。

13歳で、たったひとりでアメリカの現地校で意味のわからない英語の授業を英語で受けている私すげぇ!!!

...などと思っていました。ここまで来れば天才というよりは

ハイパーポジティブ人間に近いです。おめでたさ...。

 

誰とも比べられることのない優しい世界

14歳の時、ブログを開設して発信することをはじめました。

その頃の私はとにかく「生み出すこと」に夢中で、

イラストやポエム、小説、写真、歌などをブログで発信していました。

その頃のネットの世界は閉鎖的で、とても優しかった。

ユーザーも大人の方が多かったので、まだ若かかりし私のアウトプットをベタベタに褒めて来れました。

今思えば

「ゆぴちゃんイラスト描いたの?上手だねぇ〜〜!」

という孫を可愛がるような感覚だったのだと思います。優しい。

 

一方でリアルの世界も優しかった。

アメリカの学校は、日本の学校のように何でもかんでも順位をつけて晒すこともなく、それぞれが得意なことをのびのびと頑張ればそれで良かったのです。優しい。

 

そんな優しい環境でむくむくと自尊心を膨らませながら17歳まで育ちました。

その後、希望通りの大学に合格し、自尊心MAX状態で日本に帰国することになります。

 

夢を叶えられなかった自分を認められない

私には『声優になる』という13歳の頃から抱き続けていた大きな夢がありました。

だから、日本に帰国した私が真っ先にやったのは「オーディション」を受けること。

そして、全国から1500人以上が受けた大きなオーディションで合格しました。

相変わらず自分のことを天才だと思っていたので、最高にクソなことを言いますが、

「受かって当然」だと思いました。

(ク、クソすぎるー…!)

 

音読は小学生の頃から自慢の特技だったし、歌も得意だし、中高時代毎日のように漫画をひたすら音読していたし、という裏付けもあり、当然の結果だと思いました。(口をつぐめ)

 

しかし、結果は準グランプリ。グランプリの人たちと受けた1年間のレッスンの中で、私の心はだんだんと疲弊していきました。

グランプリの人たちと比べられ続ける毎日。生まれて初めて覚えた劣等感。

そう、大抵の人であれば中学時代に覚える「劣等感」というものを、

私は18歳になって初めて覚えたのです。幸せすぎる人生だ...。

勉強も運動も、確かに上には上がいましたが、それに関しては何とも思っていませんでした。それが自分の極めたいものではないことを、自分で理解していたからです。

でも、この夢に関しては殊更自信があったし、何より本気でした。

だから、認められなきゃ嫌でした。

今思えば準グランプリだって充分すごいことなのに、当時の自分はそれを受け入れてレッスンに臨むことが出来ませんでした。

「レッスンを頑張ってたくさん練習してグランプリを超えるぞ!!」

という謙虚で真摯なマインドに切り替えられませんでした。

「出来ないこと」を認めたくない。

たったそれだけのちっぽけなプライドの為に私は逃げました。

批判されることもなく、劣等感を抱くこともない。

自分が1番になれる、優しい場所を探しました。

 

それだけで夢を諦めるの!?と思うかもしれませんが、

自尊心をボッキリ折られてから7年経った今、やっと吐き出せるようになったくらい、

私にとってはショックな出来事でした。

今考えると本当にアホらしいのは重々承知です。

でも、そんなアホすぎる自分の失態を今こうしてわざわざ晒そうと思ったのには理由があります。

「天才」じゃない自分を許してあげてほしい

「天才」という思い込みは、無駄な思い込みかもしれません。

私みたいに、自尊心ばかりが膨らんで、現状を直視出来ずに崩れてしまう時が来るかもしれません。

だから、私の出した結論はこうです。

 

天才だと思わないでほしい。でも、平凡だとも思わないでほしい。

 

上には上がいるから、1番になれないから、と諦めるのでなくて、

自分は「いつか天才になってやる」と思って生きた方が人生幸せでしょ。

 

つまるところ

私の経験を反面教師にしてほしい

だけです。

現在、これを書きながら当時を思い出してとてもしんどい気持ちになっていますが、

それでもこれだけは伝えたかった。

 

あなたは天才じゃないかもしれないけど、努力すればそこそこいいところまで行けると思うから諦めないで頑張ってよ。

 

当時の私にも言ってやりたい言葉でした。

 

おしまい

 

P.S. 最近新しい夢を見つけたので今度は迷わずに走り出しました。

【手帳】1日1ページを『頑張って書くこと』をやめました。

f:id:milkprincesss717:20180129213802j:image

こんばんみ、ゆぴです。

3年ぶりに1日1ページ手帳を買いました。

しかも何故か1月を半ばも過ぎた頃に。(遅い)

学生時代はほぼ日ユーザーでしたが、今回はEDiTの1日1ページにしてみました。

しかし、学生時代もそうだったのだけど、12月までちゃんと書けた試しがない。

続きを読む

【自立】過保護から逃げろ!厳しすぎる親を持つお嬢様こそ1人暮らしをするべき。

f:id:milkprincesss717:20180111130658j:image

自分で言うのもどうかと思いますがお嬢でした。贅沢をしていたという意味ではなく、一般家庭にしてはものすごく親が厳しかった。

今回は、そんな『過保護のカホコ』ばりの過保護を受けていた私が、同じく過保護な親元で暮らすあなたへ『さっさと1人暮らしをしろ』エールを込めて送ります。

さっさと過保護から逃げろ。

続きを読む

【勉強なし】ブログを10年書いてスキルを10個身につけた話

f:id:milkprincesss717:20180110141515p:plain

なんだかんだ14歳の頃から10年間、ずっとブログをやっています。

中学生、高校生、大学生、ときて社会人になった今でも2つのブログを運営しながら毎日を過ごしています。

はじめたきっかけはとても厨二らしく、毎日の出来事を書き記しておくことで、いつか見返した時にこのしんどい日々を良い思い出に昇華出来ればいいなと思ったからです。

(実際は黒歴史となってネットの海に彷徨っているなう)

 

そんなブロガー10年選手の私ですが、どんなSNSが登場しても、やっぱりブログが1番だな!とよく思います。…というのも、ブログを書くことには思わぬ産物があるからなのです。
特に勉強をしていなくても、何故かスキルが身についている。

どこで勉強したの?という問いに、

「いや、別に...」とかっこよく答えることが出来る。

 

そんなブログで得られるスキルを紹介します。

 

続きを読む

【漫画】BLに優しい世界★コミコミスタジオが町田にオープン!

f:id:milkprincesss717:20171123183544p:plain
▲8/5オープン!COMI COMI STUDIO 町田

人の気持ちとは一瞬にして移ろうものだということを、1日の始まりに『さて、今日も頑張るぞ★』と意気揚々とドアを開け放った瞬間、全身に浴びせられたサウナのような熱気に『もうダメだ』と自身の心が叫んだことにより実感しましたゆぴですこんばんみ。

さて、今日はみんな大好き★ボーイズラブについて語ろうと思います。

ボーイズラブとは『男性同士の恋愛』というジャンル或いはそれらを題材とした作品を指します。そして、ボーイズラブを愛する女性は腐女子、またご年配の方は貴腐人と呼称されます。

続きを読む

【漫画】立川まんがぱーくはこんなところでした


ゆぴです。

今日は巷で噂の立川まんがぱーくに行ってきました!

立川駅から徒歩15分弱くらい。見た目はちょっとおしゃれな市民会館、という感じ。

ここだけ見ると本当にぱーく。ちょっとした鬼ごっこに最適な空間が広がっています。

登録は不要で、ロッカーに入場料の400円を入れて靴を預けたら、いざ中へ!!

続きを読む

【食事】ダイエット中の女が筋肉食堂に行ってみた

IMG_5461

ふくらはぎにだけは筋肉があると思っていましたがヒールで2日間過ごしただけで死にそうになり、なんなの?これは飾りなの?となりましたゆぴですこんばんみ。

妹が大のAKB好きなのでうちのテレビジョンはAKBの出ている番組は全て自動録画しちゃうぞ★という大変優秀な設定になっているのですが、先日何気なく見ていた『指原カイワイズ』の藤原さくらさんの回でものすごく興味深いものが紹介されていました。

IMG_5473

『筋肉…食堂…だと…』

そう、マッチョ好きの藤原さくらさんが「番組から好きに使っていいと渡された1万円」を持って意気揚々と向かった先が筋肉食堂。しかも立地: 六本木。

そこまでミーハーじゃない(自称)私は、普段ならテレビを観ても『美味しそ〜』『楽しそ〜』で終わることもしばしばなのですが、ダイエット中なこともあり、放送されてから1週間後に足を運ぶことにしました。(ミーハー)

どうでも良いけどミーハーの語源ってなんなんだろうね。

ミーハーとは、1927年(昭和2年)に公開された松竹映画『稚児の剣法』でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)のファンのために作られた言葉である[6]。松竹は林のデビューに当たり、当時で二万円という巨費を投入してこの美貌の俳優を売り出した。林はたちまち若い女性の間で大人気となり、彼女らが好きな「つまめ」と「やし長二郎大好き人間」を揶揄してできたキャッチフレーズが「ミーハー」だった。

嘘だろウィキペディア。

語源は英語でもなく、しかもそれに代わる適切な言葉も生まれないままかれこれ90年も使われ続けているなんて…。ミーハー恐るべし…。

続きを読む

【ダイエット】糖質制限×レコーディングで10日でマイナス2kg痩せた話

IMG_5348

実はひっそりとダイエットしておりました。
きっかけは、モデルのぺこちゃん!!

ぺこちゃんが2ヶ月足らずで8kgのダイエットに成功したと聞いて、久しぶりにダイエッターの血が騒ぎました…。3月に飲み会続きで、5kg増、自己ワーストを更新したまま放置していたので、そろそろ戻さなきゃ!!と思って。放置が続くと取り返しのつかないことになりかねないからね… (父親の三段腹を見つめながら)

でも、ぺこちゃんみたいにストイックにやっていたら絶対続かないので、ちょっとゆるめにやることにしました。

続きを読む

【ドラマ】2016春夏のドラマが面白すぎる件

二次元ヲタク真っ盛りだった中高時代の私が見たら卒倒しそうなタイトルでブログを書きますゆぴです。今期のアニメは未チェックです。ごめんね過去の自分。6月から始まるD灰…あっD.Gray-manだけは全話コンプリートするからね…?

そんなわけで、うちのマミーがドラマ大好きで毎週欠かさず録画をして、食卓で流している影響で今期6本のドラマを観ているんだけど、『かつてこんなにも毎日の夜が待ち遠しい期間があっただろうか…?』ってくらいの当たり期間です。今。

そんな普通の人に成り下がった私が今期のオススメを紹介するよ!!

続きを読む

【音楽】王国民歴10年の私がゆかりへの愛を綴ってみた

IMG_2323

こんにちは。ゆかりんショックから1週間あまり。王国民歴10年目の私がついにゆかりんだけで1記事を書くことになりました…。

需要はないけど、よく『何でそんなにゆかりんのことが好きなの?』と聞かれるので、とりあえずゆかりんとの出会いから語ろうと思います。

続きを読む

【音楽】好きなバンドを独断と偏見で紹介します

IMG_9908

今日は久しぶりに誰とも会わずにひとり時間を満喫しておりましたこんばんみゆぴです。そんなわけで昨日に引き続き音楽の話です。私の好きなバンドでだいたい共通してるのが

  1. とにかく声が可愛いこと
  2. キーボードが目立っていること
  3. ベースラインが秀逸であること

です。全部が全部ではないけどだいたいこんな感じ。特に1は重要!!可愛い声ほど耳に嬉しいものはないです。ボーカルなのもあるのかもしれないけど、やっぱり1番に耳に飛び込んでくるのは歌声なので…。

そんなわけで、独断と偏見で紹介文を書きました。どうぞ。

◎YUKI、aiko、ELT、JAM

・察してください。

◎Cymbals

・土岐麻子の外国なまりのような発音が特徴的なゆるくて疾走感のある、口笛吹いちゃうようなおしゃれシティポップ。

・推し曲: 『Highway Star, Speed Star』

◎クラムボン

・喉を鳴らして笑いながら喋っているような声と弾むようにピアノを弾く郁ちゃんと喋りながら普通に難解なベースフレーズを弾く天才・ミトさんの掛け合いが楽しいほっこりバンドだけどピアノのコードやベースラインひとつひとつのどれを取ってもセンスで満ち溢れているおばけバンド。

・推し曲:『恋わずらい』『月食』

◎さよならポニーテール

・メインVoのみぃなの低くてまるっこい声と他の少女たちの声の重なり具合がたまらない少女と大人の真ん中を歌うゆとりのためのゆるポップ。

・推し曲: 『思い出がカナしくなる前に』『無気力スイッチ』

◎ねごと

・ピアノ・シンセとギターが光るメロディアスでポップで可愛いのに4人編成のガールズバンドとは思えないくらいの音圧とエモさを出す、演奏力の高いバンドで、曲ひとつひとつは短いけど、センスと遊びがぎゅっと凝縮されていて似ている曲があまりなく、特にCメロのつけ方がとても秀逸、更にボーカルの高音なのにアタックが強すぎない、深みのある歌声が魅力。

・推し曲: 『透き通る衝動』『メルシールー』

◎ふくろうず

・口の中でもごもごとしているものを吐き出すような少し癖のある歌い方が特徴的で個人的に四季や自然を感じる楽曲が多く、素朴で自然体だけど大地のエネルギー的なものを感じさせるバンド。

・推し曲: 『モンシロ』『マシュマロ』

◎田村ゆかり

・数多くの作曲家による複数の楽曲たちに統一性を持たせる声優の中でも群を抜いた圧倒的歌唱力と声質、そして独特なゆかり節の持ち主であり、かなりの名曲が揃っているが、特にバラードは透き通るような声質と柔らかい語尾が映えて美しい。

・推し曲: 『Melody』『Jelly Fish』

◎相対性理論

・脱力なやくしまるえつこVoと意味はないかもしれない不思議な言葉並びの歌詞、そして歌うようななめらかなギターが特徴的な、一見ゆるそうで演奏レベルは全然ゆるくないロック?ポップ?バンドだけどギター脱退後、打ち込みが増えてエレクトロポップ寄りに進化しつつある。

・推し曲: 『さわやか会社員』『シンデレラ』

◎ふぇのたす

・天才作詞作曲家・ヤマモトショウによる耳に残る独特でキャッチーなメロディと女の子をこじらせているような歌詞、他に類を見ない舌足らずなみこちゃんの声は一瞬で誰もをトリコにすること間違いなしで、新しい音楽ジャンル: ふぇのたすを誕生させた。

・推し曲: 『夜更かしメトロ』『おばけになっても』

◎Shiggy.Jr

・可愛い声とは裏腹に息の抜き方やビブラートのかけ方など、とにかく歌がうますぎる、ジャジーな曲がとっても似合うVo.いけもこ率いる、最近ではベースが自らキーボードでベースラインを弾き始めるまでにエレクトロ寄りになり、相変わらずキャッチーなメロディラインはそのままに、踊り出したく要素が加わって進化し続けているポップでポップなバンド。

・推し曲: 『サンキュー』『Saturday Night to Sunday Morning』

◎パスピエ

・圧倒的演奏力と幅の広すぎるハイセンスな曲とどこから出してるのかわからない不思議な声と独特な舞い、2次元のようなルックスで存在そのものが人間離れしている大胡田なつきの3つの神器が揃った神々しいバンドで最近更にアジアン的なジャパネスク的な方向に寄って行っており新時代のわらべ歌みたいだけど初期はピアノの綺麗な旋律と透明感のある曲多数。

・推し曲: 『ON THE AIR』『名前のない鳥』

◎カラスは真っ白

・ヤギヌマカナのキレのある滑舌の良い早口ウィスパーボイスを載せたことでとても良いギャップを生み出したガチ演奏陣によるファンキーポップミュージックで涼しい顔をしてさらっとテクニカル系。

・推し曲: 『ハイスピード無鉄砲』『スカート・スカート・スリープ』

◎Awesome City Club

・夜の東名高速道路をドライブ中にラジオの有線から流れてそうだけどよく聴くと小籠包とか言ってる昔懐かしさと新しさが混在している男女ツインボーカルによるおしゃレトロシティ・ポップ。

・推し曲: 『It's So Fine』

◎東京カランコロン

・独特すぎるギターリフが変態っぽい曲からアニメソングまで幅広いが実はバラードが真骨頂な、歌声が高く伸びがあるいちろーとせんせいの男女ツインボーカルによる、子どもがはじめて楽器を触ったみたいに、おんがくってたのしいなあ!を全身で伝えてくるバンド。

・推し曲: 『ラブミーテンダー』『it's more wonder』

◎Czecho No Republic

・フェス会場に建てられたテントに飾ってあるカラフルなフラッグがよく似合う多国籍民族テクノポップカーニバルバンド(勝手に命名)の名の通り、原っぱで切り株の上に座って動物たちとズンチャズンチャ踊ってそうな曲からチャイニーズなギターリフが映える曲、ヤスタカばりのボイスチェンジとシンセを多用したテクノまで幅広いのが特徴で、男女ツインの歌声もギターもハモり多めな印象、特にKeyGtVo.のタカハシマイちゃんの歌声は精巧な楽器のように綺麗な響きでうっとりする。

推し曲: 『No Way』『ファインデイ』

…もう一度言いますが、私の独断と偏見ですので苦情は受け付けておりません!!(笑)

以上です☆ 音楽ってたのしいね!!

【日記】猫カフェ てまりのおうち

IMG_9788

いきなりの冷えこみに身体がついていけておらず、コートにマフラーに手袋という真冬並みの出で立ちにも関わらず震えてますこんばんみゆぴです。

先週吉祥寺にある『てまりのおうち』という猫カフェに行ったよ!

猫カフェは自由が丘にお気に入りのお店があったんだけど、そこが閉店してしまい、猫カフェブームも下火なのかしら…と思っていたら、このてまりのおうち、夕方なのに35組待ちという大盛況(笑)

私は予約していったのでスムーズに入れたけど、どうも大人気の猫カフェのようです。予約必至!!

続きを読む